アクセス解析

ホームページ改善のポイントは3つしかない【アクセス解析】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ホームページ改善のポイント

ホームページを改善して問い合わせを増やそう!と意気込んでも、まず何からすればいいのかもわからない。という方がほとんどなのではないでしょうか?

現状のホームページを把握することに関しては以下を確認いただくとして、今回はとりあえず改善ポイントの絞りこみと、実施可能な施策内容についてまとめます。

図説すると以下

ホームページの3つの改善ポイント

 

要するに

  • 集客数
  • 回遊率
  • コンバージョン率

極論、この3つしか改善方法はありません。
では具体的に各項目ごとに実施可能な施策をまとめます。

集客力を向上させるホームページ改善施策

  • SEO対策
  • PPC広告
  • SNS広告

SEO対策

ほとんどの方がこのホームページには自然検索、googleやyahooから検索して辿り着いているのではないでしょうか?

SEO対策とはgoogleやyahooといった検索エンジンでキーワード検索した際に、上位に出てくるように対策する施策を総じてSEO対策と言います。

SEO対策は内部対策と外部対策に大きく分けられます。

もしあなたが制作会社に「BLOGを書いてください」と言われているとしたら、それは内部対策の一環です。

一昔前は被リンク(リンクするではなく、リンクされる)を増やせば結構簡単に上位表示されました。

しかし最近はコンテンツマーケティングといったコンテンツの質が重要視され、内部外部をバランスよく施策する必要もあり、専門性が高くなっています。

そもそも「質の高いコンテンツって何?」となると思います。

細かく触れすぎるとアレなんで、このblogを熟読して実践することから初めて見るべきかと思います。
バズ部
https://bazubu.com/blogging101

 

PPC広告

とりあえず、下図を確認してください。

SEO対策検索結果

 

よく見るあの広告です。
googleならAdWords
yahooならリスティング広告

この広告も色々と種類がありますが、その詳しいことについてはこのblogがわかりやすくまとめてくれています。
seoラボ
https://seolaboratory.jp/ad/2016110950185.php

SNS広告

Facebook広告、twitter広告が代表的ですが、SNSに掲載される広告です。
ここまでの説明だと結局何をどうすれば・・・となってしまうかと思いますので、比較図を作りました。

Web広告比較

 

デモグラフィックってのは性別年齢地域といったターゲットの特性に関する情報をセグメントしやすいかどうかを勝手に評価しました。

ターゲット(ペルソナ)がかなり詳細に絞られているようであれば、この辺を重視でもいいと思いますし、使ってるユーザー層も加味しないとなので、参考までに。

詳細は以下記事を読めばわかりやすいかと思います。
Ferret plus
https://ferret-plus.com/7641

要するに結局集客力を強化しよう!となったとしても選択肢はそれほど多くありません。

現状を把握してアクセスの量もしくは質の改善が必要な場合は、上記を参考にしてください。

 

回遊率を向上させるホームページ改善施策

ここからはホームページに入ってきた後の話です。

回遊率ってのは結局のところどれだけ興味を持ってユーザがホームページ内を動いてくれたか?です。

ここも結局考えないといけないのは量と質。

ページビュー数がどの程度獲得できているか?(主に訪問別ページビュー数で検討した方がわかりやすい)
そして、その閲覧されているページは意図しているページか?です。

回遊率を向上させる改善施策もそれほど多くはありません。

  • デザイン
  • 構造(導線)設計

ではデザインから話を進めます。

 

デザイン

ホームページデザインを修正もしくはリニューアルする場合、明らかに良くない場合は除いて、デザインの良し悪しの判断は人によって様々なので、判断が難しいかと思います。
「古いから」というのはイマイチ説得力に欠けますし、今成果が上がっていない理由はこの後記載する構造(導線)設計である可能性もあるからです。
こういう時に力を発揮するのがユーザビリティテスト
ユーザビリティ=使い勝手なので、デザインとはかけ離れた印象を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、ユーザビリティテストは定量的要素ではなく定性的要素を軸とするので、デザイン変更の判断基準にも使えますし、現在からどのように変更すべきかの検討素材も抽出できます。

特に自身がコアターゲットからかけ離れている場合、
例えば50代男性が化粧品を探している20代前半女性の気持ちや感覚なんてわからないわけで、面白い発見があると思います。

構造(導線)設計

こちらもユーザビリティテストは使えます。
単純に使い勝手なので、導線の再配置など、検討要素の抽出はデザインよりわかりやすいでしょう。
しかし、ここで最も検討すべきはユーザビリティもそうですが、
UX=ユーザーエクスペリエンスが重要な要素となります。

UXユーザーエクスペリエンス

直訳すると「ユーザ体験」
サービスや製品を通じてユーザが得られる体験を総称しています。
すごい曖昧で分かったような分からないようなキーワードですが、近年Web業界では最も注目を浴びているキーワードでもあります。

UX・UI・ユーザビリティは密接に関係していて、それについては後日このblogでも記述しますが、簡単にUXを説明すると、一流ホテルのコンシェルジュとイメージしてみてください。

ユーザが荷物を持っていれば運んで差し上げて、エントランスでキョロキョロしていたら何を探しているのか声をかけ、必要な物があるという依頼があれば、極力用意する。
ニーズが多様化、製品サービスの飽和化が進んでいる現代だからこそ、競合との差別化に最も重要な要素だと言えます。

この辺を突き詰めているのがappleです。
iPhoneなんかは最初の購入動機は「かっこいいから」かも知れませんが、スワイプの気持ち良さ、画面遷移の絶妙な動き等々、UXを突き詰めているからこそ、支持され続けています。

ではホームページでUXを意識するにはどうすればいいのでしょうか?

例としてホテルコンシェルジュをあげましたが、UXを考える上で重要なのは
「予測」と「先回り」

ホームページではリアクションすることはできません。
あくまでも一方通行な情報なので、このページを見た人は他にどんなページを見たいのか?どの順番で情報取得したユーザが最もテンション高くアクションにつながるのか?

その予測とそれに対応した先回りをできるだけフラットな目で検討することが重要です。
中々、企業の中の人には分かりづらいことで、弊社のような運用者も徐々に目が曇っていきますので、定期的な検討会議や、ユーザビリティテストが重要となります。

 

コンバージョン率

上記までに記述した内容を改善できれば自ずと成果まで持っていけそうですが、中々そうもいかないのがホームページです。
結局、何のためのホームページかを考えるとコンバージョンさせるためのホームページですから、この営業で言うところのクロージングの部分にあたるコンバージョン周りは否応無しに重要です。

ここでの改善項目はたった1点

  • EFO

この上記までの部分に問題がないと判断できるようであれば、ここでできるのはたった一つフォームの改善です。
皆さんもフォーム入力や買い物の入力が面倒すぎて途中でやめてしまったことはないでしょうか?
本当に必要な情報なのか?過剰な情報入力を強要していないか?その情報入力方法は適切か?エラー表示は適切なのか?
その辺りを改善することで、コンバージョン率が跳ね上がるケースは幾度も経験しました。

特にエラー表記は重要な要素です。
過去のユーザビリティテストでも入力エラーよりも入力エラーがどこなのかがわからないことの方がユーザにとってストレスであり、満足度=UXを著しく阻害するものでした。
入力項目等々はよく検討材料に上がりますが、エラー表記等も含めて検討し直してみることも重要です。

以上がアクセス解析からみるホームページの改善ポイントです。
結局は3点(中身は濃いけど・・)しか改善ポイントはありません。

まず重要なのは現状の問題は論理的に把握することです。
この3つのポイントに絞ってアクセス解析を見て見てはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

About SIB LAB.

株式会社SIB LAB.は大阪のホームページ制作会社です。

アクセス解析、ユーザビリティテストを駆使し、ユーザーに「伝わるホームページ」を提供いたします。

小田浩史

コメント

コメントを残す