ユーザビリティテスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ユーザビリティテストとは

ユーザビリティテストもしくはユーザテストとは、ユーザー中心設計のインタラクションデザインにおいて、ある製品を評価するために実際にユーザーにその製品を試してもらう手法のことである。他の方法では得られない、「ユーザーたちが実際にどのようにシステムを扱うか」という直接的な知見が得られる。これはユーザーの意見を聞くこと無くユーザーインターフェースを評価する、ユーザビリティ検証法とは対照的である。

ユーザビリティテストはある製品がどれだけ意図された目的に適うかを測る事に重きを置いている。ユーザビリティテストによって利益の出やすい製品の例として、食品、消費者向け製品、ウェブサイト、アプリケーション、CPUインターフェース、文書、装置などが挙げられる。ユーザビリティテストは特定の、もしくは複数の物のユーザビリティ、すなわちどれだけ使いやすいかを計る事が出来るのに対し、人間とコンピュータの相互作用を研究する一般的な学問においては、ある種の普遍原理を定式化する事を目的とする。

※Wiki pedia引用

 

要するに・・・

ターゲットユーザーに実際に使ってもらって、その感想や、なぜその動きをしたのか?を検証改善することで、ユーザビリティ=使いやすさを向上させるためのテスト

 

 

« Back to Glossary Index
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
hiroshioda